アタマジラミ 消毒

頭ジラミの駆除に必要な熱湯消毒

 

頭ジラミの成虫は漂白剤を入れた洗濯で死ぬことがありますが、卵は漂白剤を入れたくらいでは駆除できません。

 

頭ジラミの卵はかなりしぶとく、頭ジラミの治療で最も骨が折れる部分です。

 

みんな、頭ジラミの卵で、すごく苦労しているのですから。

 

頭ジラミの卵が苦手としているのは高温です。

 

60℃以上の熱湯に5分以上入れることによって、死滅出来ると言われています。

 

60℃以上の熱湯なんて、温泉の源泉みたいな殺人的な温度です!

 

普通の人間でも火傷するような熱さなので、やはりそれくらいの高温じゃないと、頭ジラミの卵は、なかなか死にません。

 

頭ジラミの卵は布団のシーツや枕カバーにつくことが多いので、洗濯の時に熱湯消毒して洗うと安心ですね。

 

やはり熱湯消毒をしないで、漂白剤だけで頭ジラミ感染者の使用した寝具を洗うと、なかなか卵が死にません。

 

頭ジラミの卵は、1週間くらいで簡単に孵化してしまいますので、しっかり熱湯消毒で卵の間に殺してしまったほうが安心です。

 

もしもそれでも駆除できなかった場合は、頭ジラミの卵が孵化をして、幼虫になった時にスミスリンシャンプーで駆除するようにしましょう。

 

スミスリンシャンプーは2、3日に1回の使用で良いので簡単です。

 

アタマジラミ016